[無料期間アリ] 7 Days to Dieにオススメのレンタルサーバー一覧!

ロボット1
7 Days to Dieにオススメのレンタルサーバーを知りたいな!
ロボット2
オススメのサーバーを紹介するね!

7 Days to Die(セブン デイズ トゥ ダイ、略称:7DTD)は、The Fun Pimpsによるオープンワールドのサバイバルホラーゲームです。

オープンワールドの舞台で、迫り来るゾンビの襲撃から生き延びることがミッションとなっています。

そんな7 Days to Dieを友達と一緒に遊びたいという方はいませんか!?

友達を遊ぶためにはサーバーを利用する必要があります。

しかし、初めてサーバー環境を整えるという方にとって、どのようなサーバーがいいのか分からないかと思います。

そこでこの記事では7 Days to Dieにオススメのサーバーをご紹介します。

気になる方は是非最後まで読んで頂ければと思います。

7 Days to Dieとは!?

7 Days to Dieとは、2013年から配信されているオープンワールドサバイバルホラーゲームです。

頭文字だけ取って「7DTD」と表記されることもあります。

7 Days to Dieはゾンビの溢れる世界において、持ち主のいない資源を漁り生き延びるというゲームです。

コンセプトはMinecraftに酷似しており、石や木といった素材から建造物の壁、家具などまで非常に自由度の高い加工・移動ができます。

ただし何も考えず建設すると構築物の自重で崩落したり、クラフトの為の補助アイテム(肉をうまく焼くには網が・・・等)の存在等があり、細かいシステムは別ものとなっています。

一方、様々な銃器・武器、プレイヤーキャラ自身のスキル要素など、戦闘システムは『Minecraft』と比べてかなり充実したものとなっています。

そんな7 Days to Dieですが、マルチプレイ用サーバーを立てることで友達と一緒にプレイすることができます。

メモリ使用量の目安

メモリが不足するとサーバーの動作が不安定になります。

そして、サーバーの処理が追いつかなくなり、サーバーが落ちる可能性があります。

そのため、プレイヤー数に応じたメモリ使用量を割り振りする必要があります。

そこでどのくらいのプレイヤー数でどのくらいのメモリを使用するのかみていきましょう!

以下のような感じでメモリを選択してもらえば問題ないかと思います。

プレイヤー数 メモリ
4人以下 2GB
5~10人 4GB
11人以上 8GB

[無料期間アリ] 7 Days to Dieにオススメのレンタルサーバー一覧!

7 Days to Dieにオススメのサーバーをみていきましょう。

ConoHa VPS

ConoHa VPS

・すぐに使えるVPS
・初期費用は無料
・直感的に使えるコントロールパネル
・種類豊富なテンプレート
・KUSANAGIかんたん導入
・ゲームのマルチプレイがすぐに楽しめる
・SSD標準、超高速VPS
・迅速なスケール
・スマホアプリでよりかんたんに

初期費用

0円

月額費用

542円~

容量

512MB

ConoHa VPSは初期費用なし、ひと月542円から使用できます。

豊富なテンプレートイメージと高速SSDによって、たったの25秒で「今すぐ使える」サーバーが作れます。

「 ConoHa VPS」は初期費用なし、ひと月530円から使用できます。

ConoHa VPSは3ステップでかんたんにはじめられます。

マルチプレイで遊ぶには、マルチサーバーが必要です。

マルチサーバーは自宅のPCでも立てられますが、長時間利用すると電気代がかかってしまう、PCが起動しているときしか遊べないなどのデメリットがあります。

しかし、ConoHa VPSなら24時間稼働しても電気代を気にせずに利用できます。

さらに誰でも簡単にマルチサーバーを立てられるテンプレートイメージが用意されているので、黒いコンソール画面で難しい操作をしなくてもすぐにマルチプレイを始められます。

7 Days to Dieで友達と遊びたいという方は是非「 ConoHa VPS」を利用してみてはいかがでしょうか!?

関連記事

ロボット1 ConoHa VPSを利用した7 Days to Dieサーバーの立て方を知りたいな! ロボット2 ConoHa VPSを利用した7 Days to Dieサーバーの立て方を紹介するね! […]

さくらのVPS

さくらのVPS

・コントロールパネル
・ローカルネットワーク
・OSラインアップ
・スタートアップスクリプト
・パケットフィルタ機能
・豊富なSSDプラン
・安心な運用体制
・ハイブリッド接続
・スケールアップ
・追加ストレージ(NFS)

初期費用

0円

月額費用

643円~

容量

512MB

シンプルなコントロールパネルやスタートアップスクリプト、パケットフィルタ機能ではじめてサーバーを扱う初心者も安心。

サーバーのスペックはご利用規模に合わせていつでも拡張可能。

学習用途からビジネスまで、幅広いシーンでご利用いただけます。

さくらのVPS」は専用サーバーの自由度とクラウドの拡張性を合わせもつ”複数台対応”仮想専用サーバーサービスです。

月額643円(税込)から使える手軽さはそのままに、大規模システムに対応するスケーラビリティを兼ね備えた新次元のホスティングサービス。

それがさくらのVPSです。

7 Days to Dieで友達と遊びたいという方は是非「さくらのVPS」を利用してみてはいかがでしょうか!?

KAGOYA CLOUD VPS

KAGOYA CLOUD VPS

・スペック変更(スケールアップ)が簡単
・複数のサーバーでローカルネットワークが構成できる
・ストレージは全てSSD搭載!高速処理で快適
・便利なOSテンプレートパッケージ
・様々な用途に対応できる機能が充実
・自社データセンターの高速回線
・操作性抜群のコントロールパネル
・充実したサポート体制

初期費用

0円

月額費用

550円~

容量

1GB~

ビジネス用途でも選ばれています!電話サポート付で安心!

初期費用無料、月額 550円(日額 20円)~の低価格。

KAGOYA CLOUD」は初期費用無料、日額料金20円から使える低価格・高品質のVPS(仮想専用サーバー)です。

お得な値段にも関わらず高性能で、人気のゲーム「マインクラフト」のマルチプレイ用サーバーを構築できるなど、使い勝手も十分です。

各種設定についてはコントロールパネルがあるものの、自力で行わなければいけないところもありますが、公式サイトが運営するブログでも使い方の解説をしてくれているので、それほど難しくは感じません!

7 Days to Dieで友達と遊びたいという方は是非「KAGOYA CLOUD」を利用してみてはいかがでしょうか!?

まとめ

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

7 Days to Dieで遊びたい方は是非「 ConoHa VPS」、「さくらのVPS」、「KAGOYA CLOUD」を利用してみてはいかがでしょうか!?