KAGOYA CLOUD VPS Windows Serverの使い方を解説!

ロボット1
KAGOYA CLOUD VPS Windows Serverの使い方を知りたいな!
ロボット2
KAGOYA CLOUD VPS Windows Serverの使い方を紹介するね!

最近、テレワークが導入されたという企業も多いのではないでしょうか?

テレワークを行うための手段としてリモートデスクトップを導入するというのがオススメです。

リモートデスクトップは手元にあるPCやタブレットなど端末をクライアントとして使い、離れた場所にあるPCやサーバーのデスクトップを遠隔操作する仕組みです。

中には自宅のPCに作業データを残したくない方、PCスペックに不安をお持ちの方、Mac PCしかお持ちでない方もいると思うのでリモートデスクトップは一つの手段としてアリかと思います。

Windows Serverが利用できるVPSサーバーを使えば、上記のようなお悩みをお持ちの方でも、すぐに快適なテレワーク環境を手に入れる事ができます。

中でも「KAGOYA CLOUD VPS Windows Server」はオススメです。

KAGOYA CLOUD VPS Windows Server」は初期費用無料で1日単位で使うことができます。

業務に利用するアプリなど常時稼働が必要な Windows アプリケーション に最適なプランです。

最近ではVPSが全面リニューアルして価格据え置きでスペックアップしました。

とてもオススメなので是非「KAGOYA CLOUD VPS Windows Server」を利用してみてはいかがでしょうか!?

気になる方は是非、最後まで読んで頂ければと思います。

Windows Serverとは!?

Windows Serverは、Microsoftからリリースされているサーバー系OSです。

Windowsといえば、Windows10などのデスクトップOSを思い浮かべる方が多いと思います。

Windows Serverは、Webサーバーやデータベースサーバー、メールサーバーなど、利用者にさまざまなサービスを提供しています。

Windows Serverは多くの企業などで利用されている実績があり、サポート体制もしっかりしているのでユーザーも安心して利用できますね。

ここ最近、新型コロナウィルス感染予防対策としてテレワーク在宅勤務が推奨されており、リモートデスクトップ環境構築をしたいという方もいます。

リモートデスクトップ環境ならインターネット経由でどこでも同じデスクトップ環境が使えて、データを物理的に持ち出さないため安全・簡単にテレワークを導入できます。

KAGOYA CLOUD VPS Windows Serverとは!?

KAGOYA CLOUD VPS Windows Server

・OfficeやSQL Server利用可能でビジネスユースにも最適
・複数のサーバーでローカルネットワークが構成できる
・スペック変更(スケールアップ)が簡単
・様々な用途に対応できる機能が充実
・ストレージは全てSSD搭載!高速処理で快適
・便利なOSテンプレートパッケージ
・高速回線

KAGOYA CLOUD VPS Windows Server」はカゴヤ・ジャパン株式会社が提供しているサービスです。

カゴヤ・ジャパン株式会社は中小企業向けのリーズナブルな価格で利用できるるサービスから医療法人・官公庁を中心とした高セキュリティ、高可用性に対応したサービスまで、20年に渡るレンタルサーバー・ホスティングでの幅広い実績を誇っています。

KAGOYA CLOUD VPS Windows Server」は初期費用無料で1日単位で使えるWindows Server搭載のVPSです。

業務に利用するアプリなど常時稼働が必要なWindowsアプリケーションに最適なプランです。

このサービスではビジネス用アプリケーションがパッケージされた 「Microsoft Office Professional Plus」、「Microsoft SQL Server Web Edition」の利用が可能です。

人気のVPSサービス3社とカゴヤを是非比較してみてください。

CPU同一コア数で、メモリ容量と価格を比べてみると、メモリ1GBあたりのコストパフォーマンスでカゴヤがおトクです。

VPSサービスを比較するときに、一番重視したいポイントはメモリ容量です。

比較的安価なプランではメモリ容量が少ないものが多く、アプリケーションをインストールして実際に使用してみると処理が遅くて実用に耐えないケースもあります。

メモリ容量が大きい方が処理速度が速くなり、快適に利用できます。

Windows Serverを利用したい方は是非「KAGOYA CLOUD VPS Windows Server」を利用してみてはいかがでしょうか!?

KAGOYA CLOUD VPS Windows Serverの使い方

それでは「KAGOYA CLOUD VPS Windows Server」の使い方をみていきましょう。

KAGOYA CLOUD VPS Windows Server」は初期費用無料で1日単位で使うことができます。

業務に利用するアプリなど常時稼働が必要な Windows アプリケーション に最適なプランです。

最近ではVPSが全面リニューアルして価格据え置きでスペックアップしました。

申し込む

まずは「KAGOYA CLOUD VPS Windows Server」を申し込みましょう。

手順に沿って申し込むだけです。

リモートデスクトップ接続(Windows10)

スタートメニューのプログラム一覧から[Windowsアクセサリ]→[リモートデスクトップ接続]を起動します。

リモートデスクトップ接続が開きます。

「オプションの表示」をクリックします。

「全般」タブが開きます。

次の項目を入力します。

コンピューターはインスタンスのIPアドレス、ユーザー名はAdministrator、資格情報を保存できるようにするは任意でチェックを入れます。

※ インスタンスのIPアドレスは、コントロールパネルからインスタンス情報を確認してください。

設定が完了したら「接続」をクリックします。

パスワードの入力を求められます。

パスワードはインスタンス作成時に設定した「ログインパスワード」を入力して、このアカウントを記憶するは任意でチェックを入れます。

「OK」をクリックします。

セキュリティ証明書が表示されます。

このコンピューターへの接続について今後確認しない 任意でチェックを入れます。

「はい」をクリックします。

デスクトップが表示されます。

まとめ

この記事では「KAGOYA CLOUD VPS Windows Server」のインストール方法をまとめてみました!

KAGOYA CLOUD VPS Windows Server」は簡単にインストールできるので是非利用を検討してみてください。