[簡単!] さくらのVPSを利用したFactorioサーバーの立て方を解説!

ロボット1
Factorioサーバーの立て方を知りたいな!
ロボット2
Factorioサーバーの立て方を紹介するね!

Factorioは、2D見下ろし視点のサンドボックス型の工場づくりゲームです。

未知の星に不時着したプレイヤーは、資源を採掘して様々なアイテムを生産・研究してゆき、最終的にはロケットで人工衛星を打ち上げることが目的です。

そんなFactorioを友達と一緒に遊びたいという方はいませんか!?

友達を遊ぶためにはサーバーを利用する必要があります。

しかし、初めてサーバー環境を整えるという方にとって、どのようにサーバーを立てたらいいのか分からないかと思います。

そこでこの記事では「さくらのVPS」を利用したFactorioサーバーの立て方をご紹介します。

気になる方は是非最後まで読んで頂ければと思います。

Factorioとは!?

Factorioは工場を作り、維持するゲームです。

資源を集め、技術を研究し、施設を建て、生産を自動化し、敵と戦いましょう。

木の伐採も、鉱石の採掘も、ロボットアームやベルトコンベアを作るのも、最初は自分の手で行います。しかしすぐに、広大なソーラーパネルや、石油の精製分解施設、自動生産施設を備え、建築や物流にロボットを駆使する巨大な産業プラントを作るでしょう。

そのような惑星資源の搾取を、原住生物は見逃しません。あなたの作った機械の王国は、自分の手で守らなければなりません。

マルチプレイヤーゲームで他のプレイヤーと協力し、友人と分担して巨大な工場をつくりあげましょう。

メモリ使用量の目安

メモリが不足するとサーバーの動作が不安定になります。

そして、サーバーの処理が追いつかなくなり、サーバーが落ちる可能性があります。

そのため、プレイヤー数に応じたメモリ使用量を割り振りする必要があります。

そこでどのくらいのプレイヤー数でどのくらいのメモリを使用するのかみていきましょう!

以下のような感じでメモリを選択してもらえば問題ないかと思います。

プレイヤー数 メモリ
4人以下 2GB
5~10人 4GB
11人以上 8GB

さくらのVPSを利用したFactorioサーバーの立て方

さくらのVPS」を利用したFactorioサーバーの立て方をみていきましょう。

まずは「さくらのVPS」で申し込みをすませましょう!

Factorio headless server のインストール

[サーバー新規追加の場合]

「Ubuntu」を選択し、インストールしたいOSバージョンを選択します。

[OS再インストールの場合]

「標準OS」を選択し、インストールしたい「Ubuntu」のOSバージョンを選択します。

スタートアップスクリプトで「利用する」を選択し、「Factorio headless server」を選択します。

[サーバー新規追加の場合]

「支払い方法」をご確認いただき、必要事項を選択または入力して「お支払い」をクリックします。

[OS再インストールの場合]

「OS再インストール」をクリックします。

表示された確認画面の内容に問題が無ければ、再度「OS再インストール」をクリックします。

サーバー新規追加の準備、またはOS再インストールが開始します。

[サーバー新規追加の場合]

コントロールパネルに新規追加したサーバーが表示されたら、「電源操作」から「起動」を選択してください。

サーバーの起動とともに Factorio headless server のインストールを開始します。

完了までしばらくお待ちください。

[OS再インストールの場合]

サーバーの状態が「インストール中」から「稼働中」になると、Factorio headless server のインストールを開始します。

完了までしばらくお待ちください。

Factorioのクライアント側で使用するため、「基本情報」から「IPv4」のアドレスをお控えください。(アイコンをクリックするとIPアドレスをコピーできます)

Factorio にログインする

標準設定では、サーバーアドレスの直入力での接続になります。

「マルチプレイ」の「サーバーに接続」を選択します。

さくらのVPSのサーバーに割り当てられたIPアドレスを入力して接続を押します。

ドメインを設定している場合は、ドメイン名の入力でも接続できます。

接続が行われるとゲームのプレイ画面が表示されます。

まとめ

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

Factorioで遊びたい方は是非「さくらのVPS」を利用してみてはいかがでしょうか!?