さくらのVPS for Windows Serverの使い方を分かりやすく解説

ロボット1
さくらのVPS for Windows Serverの使い方を知りたいな!
ロボット2
さくらのVPS for Windows Serverの使い方を紹介するね!

最近、テレワークが導入されたという企業も多いのではないでしょうか?

テレワークを行うための手段としてリモートデスクトップを導入するというのがオススメです。

リモートデスクトップは手元にあるPCやタブレットなど端末をクライアントとして使い、離れた場所にあるPCやサーバーのデスクトップを遠隔操作する仕組みです。

中には自宅のPCに作業データを残したくない方、PCスペックに不安をお持ちの方、Mac PCしかお持ちでない方もいると思うのでリモートデスクトップは一つの手段としてアリかと思います。

Windows Serverが利用できるVPSサーバーを使えば、上記のようなお悩みをお持ちの方でも、すぐに快適なテレワーク環境を手に入れる事ができます。

中でも「さくらのVPS for Windows Serverはオススメです。

さくらのVPS for Windows Serverは全プランにSSDを搭載し、低価格&ハイパフォーマンスを実現しています。

また、2週間無料のお試し期間があるので、定期自動実行や普段のリモートデスクトップ接続での操作性を気軽に試すことができるのでおすすめです。

とてもオススメなので是非「さくらのVPS for Windows Serverを利用してみてはいかがでしょうか!?

気になる方は是非、最後まで読んで頂ければと思います。

Windows Serverとは!?

Windows Serverは、Microsoftからリリースされているサーバー系OSです。

Windowsといえば、Windows10などのデスクトップOSを思い浮かべる方が多いと思います。

Windows Serverは、Webサーバーやデータベースサーバー、メールサーバーなど、利用者にさまざまなサービスを提供しています。

Windows Serverは多くの企業などで利用されている実績があり、サポート体制もしっかりしているのでユーザーも安心して利用できますね。

ここ最近、新型コロナウィルス感染予防対策としてテレワーク在宅勤務が推奨されており、リモートデスクトップ環境構築をしたいという方もいます。

リモートデスクトップ環境ならインターネット経由でどこでも同じデスクトップ環境が使えて、データを物理的に持ち出さないため安全・簡単にテレワークを導入できます。

さくらのVPS for Windows Serverとは!?

さくらのVPS for Windows Server

・いつでもどこでもWindowsが使える!リモートデスクトップ
・ビジネスユースにも最適!Office利用可能!
・圧倒的なストレージ性能!選べるSSDラインナップ
・複数台対応!接続数に上限なし!ローカルネットワーク
・複雑な操作もクリックひとつ!コントロールパネル
・簡単に上位プランに変更!スケールアップ

初期費用

0円

月額費用

1100円~

容量

50GB

さくらのVPSにWindows搭載のプランが登場。

全プランにSSDを搭載し、低価格&ハイパフォーマンスを実現!

さくらのVPS for Windows Serverはさくらインターネット株式会社が運営しているサービスとなっています。

さくらインターネット株式会社は上場企業でもあるので利用する側も安心ですね。

さくらのVPSにWindows搭載のプランが登場しました。

全プランにSSDを搭載し、低価格&ハイパフォーマンスを実現しています。

このサービスを使えば、いつでもどこでもインターネットがあれば、Windowsを利用することができます。

リモートデスクトップ接続なので、Mac からも接続可能です。

プランはW1G、W2G、W4G、W8G、W16G、W32Gの6つ用意されており、初期費用0円、月額料金1100円から契約することができます。

また、2週間無料のお試し期間があるので、定期自動実行や普段のリモートデスクトップ接続での操作性を気軽に試すことができるのでおすすめです。

コスパのいいWindows Serverを考えている方は是非「さくらのVPS for Windows Serverを利用してみてはいかがでしょうか!?

さくらのVPS for Windows Serverの使い方

それでは「さくらのVPS for Windows Serverの使い方をみていきましょう。

さくらのVPS for Windows Serverは全プランにSSDを搭載し、低価格&ハイパフォーマンスを実現しています。

また、2週間無料のお試し期間があるので、定期自動実行や普段のリモートデスクトップ接続での操作性を気軽に試すことができるのでおすすめです。

申し込む

さくらのVPS for Windows ServerのWebサイト でお申込みをクリックします。

「さくらのVPS for Windows Server お申し込み」画面で、新たに会員IDを取得される方は「新規会員登録へ進む」を、さくらインターネットの会員IDをお持ちの方は「ログイン画面へ進む」をクリックします。

会員登録またはログインができたら、以下の画面でプランを選択します。

Microsoft Officeライセンスおよびリモートデスクトップライセンスは、利用するユーザーにつき1つ必要です。

以下の例ではリモートデスクトップで1名利用するので、リモートデスクトップライセンスを1つ追加しています(さくらのVPS for Windows Serverの契約に付帯するリモートデスクトップライセンスはサーバー管理にのみご利用いただけます)。

支払期間・支払方法を選択します。支払方法によっては追加で入力が必要になることがあります(クレジットカード情報の登録等)。

2週間無料のお試し期間を利用するかどうかを選択します。さくらのVPS for Windows Serverでは、同時2台までお試し期間が利用できます。

約款等を確認のうえ、[同意する]にチェックを入れ、[確認画面へ進む]をクリックします。

内容を確認のうえ、問題なければ[この内容で申し込む]をクリックします。

以上でお申し込みは完了です。

メールの確認

会員IDに登録されているメールアドレスあてに「お申し込み受付完了のお知らせ」というメールが届きます。

この時点ではまだサーバーの利用開始はできません。

しばらく後に「仮登録完了のお知らせ」というメールが届きます。この時点からサーバーの利用開始ができます。

このメールに記載されているIPアドレスと初期パスワードは、リモートデスクトップでWindowsにログインする際に必要になります。このメールはなくさないよう注意してください。

さくらのVPS コントロールパネルにログインする

さくらのVPS コントロールパネル にログインし、申し込んだVPSの行(赤枠部分)をクリックします。

初期状態ではサーバーは起動していません。[起動]をクリックします。

「起動してよろしいですか?」と問われますので、[起動する]をクリックします。

赤枠部分のように起動中になっていればサーバーは起動しています。

リモートデスクトップ接続

お手元のWindowsパソコンの[リモートデスクトップ接続]を起動し、コンピューターの部分にサーバーのIPアドレスを入力し、[接続]をクリックします。

「資格情報を入力してください」という画面が表示されますので、ユーザー名はAdministrator、パスワードは「仮登録完了のお知らせ」というメールに記載されている初期パスワードを入力し、[OK]をクリックします。

以下の警告が表示されたら、[このコンピューターへの接続について今後確認しない]にチェックを入れ、[はい]をクリックします。

リモートデスクトップの画面が開いたら、利用開始できます。

まとめ

この記事では「さくらのVPS for Windows Serverのインストール方法をまとめてみました!

さくらのVPS for Windows Server」は簡単にインストールできるので是非利用を検討してみてください。