さくらのVPS for Windows Serverの特徴・料金・評判・転送量・メモリを解説!

ロボット1
Windows Serverを借りたいんだけど、どこがいいのだろうか!?
ロボット2
さくらのVPS for Windows Serverがオススメだよ!

Windows Serverを借りたいという方はいませんか!?

そんな方に「さくらのVPS for Windows Serverをオススメします!

Windows Server は、ワークグループからデータ センターに至るまで、接続型アプリケーション、ネットワーク、および Web サービスのインフラストラクチャを構築するためのプラットフォームです。

中でもさくらのVPS for Windows Serverは全プランにSSDを搭載し、低価格&ハイパフォーマンスを実現しています。

そこでこの記事ではさくらのVPS for Windows Serverについてまとめてみました。

気になる方は是非最後まで読んで頂ければと思います。

さくらのVPS for Windows Serverとは!?

さくらのVPS for Windows Serverはさくらインターネット株式会社が運営しているサービスとなっています。

さくらインターネット株式会社は上場企業でもあるので利用する側も安心ですね。

さくらのVPSにWindows搭載のプランが登場しました。

全プランにSSDを搭載し、低価格&ハイパフォーマンスを実現しています。

このサービスを使えば、いつでもどこでもインターネットがあれば、Windowsを利用することができます。

リモートデスクトップ接続なので、Mac からも接続可能です。

プランはW1G、W2G、W4G、W8G、W16G、W32Gの6つ用意されており、初期費用0円、月額料金1100円から契約することができます。

コスパのいいWindows Serverを考えている方は是非「さくらのVPS for Windows Serverを利用してみてはいかがでしょうか!?

さくらのVPS for Windows Serverの特徴

さくらのVPS for Windows Serverの特徴は以下の通りです。

・いつでもどこでもWindowsが使える!リモートデスクトップ
・ビジネスユースにも最適!Office利用可能!
・圧倒的なストレージ性能!選べるSSDラインナップ
・複数台対応!接続数に上限なし!ローカルネットワーク
・複雑な操作もクリックひとつ!コントロールパネル
・簡単に上位プランに変更!スケールアップ

いつでもどこでもWindowsが使える!リモートデスクトップ

Windows環境が、月額1,100円(税込)から利用可能。

リモートデスクトップがあれば、検証作業のためだけにWindows環境を用意する必要がなく、ムダな投資を抑えることができます。

さらに利用者分のライセンスを追加するだけで、1台のデスクトップ環境を部門内・チーム内などの組織の中複数のメンバーで共有して利用することも可能です。

ビジネスユースにも最適!Office利用可能!

ビジネス用アプリケーションがパッケージされた「Microsoft Office Professional Plus」も利用可能。

国内外の出張や外出先で、Officeがインストールされていないデバイス(PC、スマートフォン、タブレット)しか持っていなくても、リモートデスクトップとOfficeの組み合わせがあれば安心です。

圧倒的なストレージ性能!選べるSSDラインナップ

負荷の高いサービスやデータベースサーバー用途に最適なSSDを搭載した、さくらのVPS for Windows Serverは、月額1,100円(税込)〜のメモリ1Gプランからメモリ32GBのプランまで全6種類。

圧倒的性能をぜひ体験ください。

複数台対応!接続数に上限なし!ローカルネットワーク

台数無制限の複数台構成とサーバー間の安全な通信を実現するローカルネットワークを構築することが可能です。

また、サーバー間の通信にローカルネットワークを使うことで、パブリックネットワークより高速な通信が行えます。

複雑な操作もクリックひとつ!コントロールパネル

サーバーの再起動やOS再インストール、コンソール画面の操作などがブラウザから簡単にできます。

ローカルネットワークの設定やサーバーの一括操作など、複数台管理のしやすさも高めています。

簡単に上位プランに変更!スケールアップ

サーバーのスペックが足りなくなったとき「スケールアップ」機能を利用すれば、いつでも簡単に上位プランに変更できます。

さくらのVPS for Windows Serverの料金

さくらのVPS for Windows Serverの料金をみていきましょう。

プランはW1G、W2G、W4G、W8G、W16G、W32Gの6つ用意されています。

柔軟にプランを変更することもできるのでとても便利ですね。

さくらのVPS for Windows Serverの転送量・メモリ

さくらのVPS for Windows Serverの転送量は基本的に無制限となっています。

しかし、メモリはプランによって異なります。

W1Gプランでは1GB、W2Gプランでは2GB、W4Gプランでは4GB、W8Gプランでは8GB、W16Gプランでは16GB、W32Gプランでは32GBとなっています。

メモリ使用量は自分がどのくらい使用するか考えてから申し込むようにしましょう!

さくらのVPS for Windows Serverの評判

さくらのVPS for Windows Serverの評判をみていきましょう。

料金が安く抑えてられているにも関わらず、ハイスペックでとてもいいという声が多かったです。

Windowsを利用してみたいという方は是非利用してみてはいかがでしょうか!?

評判

僕はさくらのVPS for Windows Server(月額1,100円)にGRC入れて回しっぱなしにしてリモートデスクトップで見に行ってます、お金はかかるけどパソコン起動してなくても漏れずに毎日集計してくれるし便利…


さくらのVPS for Windows Serverっていうのはさくらのサーバー上の仮想Windowsを借りていつでもリモート操作できるっていうサービスです!普通のWindowsみたいGRC入れて使えます。

リモートデスクトップするだけなので、手元のパソコンがMacでも、なんならiPadとかでもなんでも良くなります。


「さくらの VPS for Windows Server」で FileMaker Server が使えることを知った。少し面倒な Windows Server を扱える技を身につけたら、試してみたくなる楽しそうなサービスである。


さくらのVPS for Windows Server(v4) W768
この最安プランは現在新規受付無くなりましたw
月額1890円w
この超ハイスペvpsです(白目
これでも内部ロジの狙い地ドンピシャで決済してくれておりますw


サーバー上にpythonの開発環境を置くことに成功!
これにより裏でプログラムを実行しながら、自分のPCでプログラムの作成に当たれる!
「さくらのVPS for Windows Server」便利です!


初期費用無料になったのは嬉しい。


ちなみに「さくらのVPS for Windows Server」は

6コアCPU
メモリ8GB
SSD400GB

で月額8470円。Win10ではなくWindows Serverだけど、通常の使い方ならWin10と同様の使用感。Azureに比べると半額以下なので、選択肢に加えると良いと思う。

まとめ

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました!

どのVPSを選べばいいのか迷っているという方は是非、「さくらのVPS for Windows Serverを検討してみてはいかがでしょうか!?