【無料期間あり】CentOS対応のレンタルサーバーを比較!

  • 2021年10月18日
  • 2022年10月19日
  • OS
  • 9view
  • 0件
OS
ロボット1
CentOS対応のレンタルサーバーを知りたいな!
ロボット2
オススメのレンタルサーバーを紹介するね!

CentOSは企業サーバーでの採用率が高いLinux系のOSです。

無償で使える上に安定性が非常に高いことからサーバーOSとして適しており、多くの企業から支持されています。

そこでこの記事ではCentOS対応のレンタルサーバーをご紹介します。

気になる方は是非、最後まで読んで頂ければと思います。

  1. ConoHa VPS ⇒ VPS割引きっぷでお得に申し込む!
    初期費用0円、月530円から利用できる
    ・VPS割引きっぷあり
  2. さくらのVPS ⇒ 2週間の無料お試し期間でためしてみる!
    ・初期費用0円、月額643円(税込)から利用できる
    ・2週間お試し期間あり
  3. KAGOYA CLOUD ⇒ ためしてみる!
    ・初期費用0円、日額料金20円から利用できる

CentOSとは?

コンピュータのOS(オペレーティングシステム)と聞くとWindowsやMac、スマートフォンならAndroidあたりを連想するかもしれません。

しかし、Linuxの1つ「CentOS(セントオーエス)」も世界的に広いシェアを持っています。

CentOSは「Community ENTerprise Operating System」の略語です。

CentOSは 2004 年のリリースからコミュニティで開発・配布され、誰でも無料で利用することができます。

RHEL(Red Hat Enterprise Linux)は最もよく知られるLinuxの有償ディストリビューションです。

その高い信頼性から公的機関にも利用されている上に、幅広いプラットフォームに対応しています。

ただし保守サポートにかかる費用が高額である点が、利用企業にとってはネックでした。

一方、CentOSはRHELと完全互換を目指す無償のLinuxディストリビューションです。

RHELとほぼ同等の機能や安定性を誇り、多くの企業から利用されています。

つまりCentOSはRHELと非常に互換性が高い上に、RHELと異なり無償で使えるわけです。

CentOS対応のレンタルサーバー

CentOS対応のレンタルサーバーをみていきましょう。

  1. ConoHa VPS ⇒ VPS割引きっぷでお得に申し込む!
    初期費用0円、月530円から利用できる
    ・VPS割引きっぷあり
  2. さくらのVPS ⇒ 2週間の無料お試し期間でためしてみる!
    ・初期費用0円、月額643円(税込)から利用できる
    ・2週間お試し期間あり
  3. KAGOYA CLOUD ⇒ ためしてみる!
    ・初期費用0円、日額料金20円から利用できる

ConoHa VPS

ConoHa VPS

・すぐに使えるVPS
・初期費用は無料
・直感的に使えるコントロールパネル
・種類豊富なテンプレート
・KUSANAGIかんたん導入
・ゲームのマルチプレイがすぐに楽しめる
・SSD標準、超高速VPS
・迅速なスケール
・スマホアプリでよりかんたんに

初期費用

0円

月額費用

542円~

容量

512MB

ConoHa VPSは初期費用なし、ひと月542円から使用できます。

豊富なテンプレートイメージと高速SSDによって、たったの25秒で「今すぐ使える」サーバーが作れます。

「 ConoHa VPS」は初期費用なし、ひと月530円から使用できます。

豊富なテンプレートイメージと高速SSDによって、たったの25秒で「今すぐ使える」サーバーが作れます。

ConoHa VPSは、日本マーケティングリサーチ機構による調査で「ITエンジニアが使いたいVPS」「WordPress「KUSANAGI」利用者満足度」「Minecraftマルチプレイ利用者満足度」の3部門においてNo.1を獲得しています。

\VPS割引きっぷあり/

さくらのVPS

さくらのVPS

・コントロールパネル
・ローカルネットワーク
・OSラインアップ
・スタートアップスクリプト
・パケットフィルタ機能
・豊富なSSDプラン
・安心な運用体制
・ハイブリッド接続
・スケールアップ
・追加ストレージ(NFS)

初期費用

0円

月額費用

643円~

容量

512MB

シンプルなコントロールパネルやスタートアップスクリプト、パケットフィルタ機能ではじめてサーバーを扱う初心者も安心。

サーバーのスペックはご利用規模に合わせていつでも拡張可能。

学習用途からビジネスまで、幅広いシーンでご利用いただけます。

さくらのVPS」はシンプルなコントロールパネルやスタートアップスクリプト、パケットフィルタ機能ではじめてサーバーを扱う初心者も安心です。

サーバーのスペックはご利用規模に合わせていつでも拡張することができます。

用途は学習からビジネスまで、幅広いシーンで利用できます。

\2週間の無料お試し期間あり/

KAGOYA CLOUD VPS

KAGOYA CLOUD VPS

・スペック変更(スケールアップ)が簡単
・複数のサーバーでローカルネットワークが構成できる
・ストレージは全てSSD搭載!高速処理で快適
・便利なOSテンプレートパッケージ
・様々な用途に対応できる機能が充実
・自社データセンターの高速回線
・操作性抜群のコントロールパネル
・充実したサポート体制

初期費用

0円

月額費用

550円~

容量

1GB~

ビジネス用途でも選ばれています!電話サポート付で安心!

初期費用無料、月額 550円(日額 20円)~の低価格。

KAGOYA CLOUD」は初期費用無料、日額料金20円から使える低価格・高品質のVPS(仮想専用サーバー)です。

開発環境や検証環境、プログラミングの学習用途におすすめです。

もちろん Windowsも選択できるので幅広く利用することができます。

\初期費用無料、日額料金20円から使える低価格・高品質のVPS/

まとめ

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

CentOS対応のレンタルサーバーを検討している方は是非利用してみてはいかがでしょうか!?

  1. ConoHa VPS ⇒ VPS割引きっぷでお得に申し込む!
    初期費用0円、月530円から利用できる
    ・VPS割引きっぷあり
  2. さくらのVPS ⇒ 2週間の無料お試し期間でためしてみる!
    ・初期費用0円、月額643円(税込)から利用できる
    ・2週間お試し期間あり
  3. KAGOYA CLOUD ⇒ ためしてみる!
    ・初期費用0円、日額料金20円から利用できる