[簡単!] ConoHa VPSを利用したCS:GOサーバーの立て方を解説!

ロボット1
ConoHa VPSを利用したCS:GOサーバーの立て方を知りたいな!
ロボット2
ConoHa VPSを利用したCS:GOサーバーの立て方を紹介するね!

最近、多くのゲーマーの間で愛されているファーストパーソン・シューティングゲームです。

数多くの人気ゲームがありますが、カウンターストライクシリーズはそれらとは一線を画しています。

カウンターストライクは世界で最も多くのプレイヤーに愛されたオンラインゲームであり、最初の作品は1999年にPCで発売され、トータルセールス2500万本を記録しました。

その最新作にあたるの「Counter-Strike: Global Offensive (CS:GO)」です。

そんなCS:GOを友達と一緒に遊びたいという方はいませんか!?

友達を遊ぶためにはサーバーを利用する必要があります。

しかし、初めてサーバー環境を整えるという方にとって、どのようにサーバーを立てたらいいのか分からないかと思います。

そこでこの記事では「 ConoHa VPS」を利用したCS:GOサーバーの立て方をご紹介します。

気になる方は是非最後まで読んで頂ければと思います。

CS:GOとは!?

CS:GOは対テロ特殊部隊とテロリストの戦いを描いた対戦型FPSです。

最初のタイトルは1998年、当時まだ一介のデベロッパーに過ぎなかったValveが開発したFPS『Half-Life』のModとして登場した「Counter-Strike」で、所持金で武器などを購入するシステムや競技性の高いルールで人気を博し、スタンドアロン版も発売されました。

本シリーズはe-Sportsタイトルとしても知られており、数多の大会が開かれ、沢山のプロゲーマーが存在しています。

『Couter-Strike: Global Offensive』はそんな「Counter-Strike」を発売当時最新のSource Engineで作り直した作品です。

グラフィックの強化や自動マッチング機能、カジュアルプレイヤー向けのルールの追加などが行われています。

リリース当初は低調ともいえる本作でしたが、継続的なアップデートによるバランス調整、「Arms Deal Update」によるアイテムドロップシステムやマーケット売買などの機能追加で、一躍人気タイトルとなりました。

メモリ使用量の目安

メモリが不足するとサーバーの動作が不安定になります。

そして、サーバーの処理が追いつかなくなり、サーバーが落ちる可能性があります。

そのため、プレイヤー数に応じたメモリ使用量を割り振りする必要があります。

そこでどのくらいのプレイヤー数でどのくらいのメモリを使用するのかみていきましょう!

以下のような感じでメモリを選択してもらえば問題ないかと思います。

プレイヤー数 メモリ
4人以下 2GB
5~10人 4GB
11人以上 8GB

ConoHa VPSを利用したCS:GOサーバーの立て方

ここでは「 ConoHa VPS」を利用したCS:GOサーバーの立て方を解説します。

ConoHaではCS:GOサーバーをインストール済みのテンプレートイメージを提供していますので、初期設定だけで簡単に使い始めることができます。

CS:GOイメージはメモリ1GB以上のプランでご利用いただけます。

テラリアアプリケーションイメージのインストール手順

CS:GOサーバーの作成にあたり外部から接続できるようにするためにSteamからのログイントークンの設定が必要となります。

ゲームサーバーのログイントークンはSteamのゲームサーバーのアカウント管理ページから作成ができます。

ベースゲームのApp IDは「730」です。

※トークンを発行するためにはSteamアカウントに電話番号を登録する必要があります。

ログイントークンの取得が完了しましたら、下記の手順でCS:GOサーバーを作成します。

まずは「 ConoHa VPS」公式HPにいきましょう!

コントロールパネルへログインし、「サーバー追加」ボタンをクリックします。

イメージタイプ「アプリケーション」から「CSGO」を選択し、「rootパスワード」にご任意のパスワードを入力します。

512MBプランではご利用いただけません。

オプションが自動で開かれ、スタートアップスクリプトで【CSGO専用】ログイントークンが選択されている状態になります。

「ログイントークン」の入力欄へSteam上で確認したログイントークンを入力し、「サーバー追加」をクリックします。

CS:GOの設定に際してサーバーのIPアドレスが必要になるので、作成したサーバーのIPアドレスを確認します。

コントロールパネル左メニューの「サーバー」を開き、作成したサーバーのネームタグをクリックします。

サーバーの詳細画面の「ネットワーク情報」のIPアドレスを手元に控えます。

作成したCS:GOサーバーへの接続方法

CS:GOを起動しプレイボタンを選択します。

「OFFICIAL MATCHMAKING」をクリックしドロップダウンメニューから「Community Server Browser」を選択します。

「お気に入り」を選択し「サーバーを…」をクリックします。

上記で確認したサーバーのIPアドレスを入力します。「このアドレスをお気に入りに追加」をクリックします。

追加されたサーバーをクリックし接続ボタンを選択します。「接続」をクリックしてサーバーに入室します。

CS:GOのサーバーの設定方法は以上となります。

CS:GOサーバーの関連ファイルは「/opt/csgo」ディレクトリ内に設置されています。

まとめ

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

「 ConoHa VPS」はCS:GOサーバーにおススメです。

だれでも簡単にセットアップできるので是非利用を検討してみてはいかがでしょうか?