[簡単!] ConoHa VPSを利用したFactorioサーバーの立て方を解説!

ロボット1
Factorioサーバーの立て方を知りたいな!
ロボット2
Factorioサーバーの立て方を紹介するね!

Factorioは、2D見下ろし視点のサンドボックス型の工場づくりゲームです。

未知の星に不時着したプレイヤーは、資源を採掘して様々なアイテムを生産・研究してゆき、最終的にはロケットで人工衛星を打ち上げることが目的です。

Factorioはいかに自動化させるかというところがポイントとなっていてとても楽しいゲームです。

マインクラフトにはまったことがある方はFactorioにもはまりやすいかと思います。

そんなFactorioを友達と一緒に遊びたいという方はいませんか!?

友達を遊ぶためにはサーバーを利用する必要があります。

しかし、初めてサーバー環境を整えるという方にとって、どのようにサーバーを立てたらいいのか分からないかと思います。

そこでこの記事では「 ConoHa VPS」を利用したFactorioサーバーの立て方をご紹介します。

「 ConoHa VPS」はサーバー初心者の方でも簡単に構築できるテンプレートが用意されています。

気になる方は是非最後まで読んで頂ければと思います。

\最大23%お得になるVPS割引きっぷあり/

Factorioとは!?

Factorioは、資源集めに加えてリアルタイムストラテジーとサバイバルの要素を持っています。

これは『Minecraft』に工業要素を追加するMOD、BuildCraftとIndustrialCraftから着想を得て作られました。

プレイヤーは回収した資源を使っていろいろな道具や装置を作り出せます。

その装置を使ってさらに強力な資源を作り出し、より先進的な技術を生み出すことができます。

採掘、輸送、加工、製造の自動化をするシステムを構築していきながらゲームは進行していきます。

マルチプレイヤーゲームで他のプレイヤーと協力し、友人と分担して巨大な工場をつくりあげましょう!

このゲームは友達とも一緒にプレイすることができますが、友達と遊ぶためにサーバーを用意する必要があります。

そこで後ほど、「 ConoHa VPS」を利用したFactorioサーバーの立て方をご紹介します。

\最大23%お得になるVPS割引きっぷあり/

ConoHa VPSとは!?

ConoHa VPS

・すぐに使えるVPS
・初期費用は無料
・直感的に使えるコントロールパネル
・種類豊富なテンプレート
・KUSANAGIかんたん導入
・ゲームのマルチプレイがすぐに楽しめる
・SSD標準、超高速VPS
・迅速なスケール
・スマホアプリでよりかんたんに

初期費用

0円

月額費用

542円~

容量

512MB

ConoHa VPSは初期費用なし、ひと月542円から使用できます。

豊富なテンプレートイメージと高速SSDによって、たったの25秒で「今すぐ使える」サーバーが作れます。

「 ConoHa VPS」は初期費用なし、ひと月530円から使用できます。

3ステップでかんたんにはじめられます。

マルチプレイで遊ぶには、マルチサーバーが必要です。

マルチサーバーは自宅のPCでも立てられますが、長時間利用すると電気代がかかってしまう、PCが起動しているときしか遊べないなどのデメリットがあります。

しかし、「 ConoHa VPS」なら24時間稼働しても電気代を気にせずに利用できます。

さらに誰でも簡単にマルチサーバーを立てられるテンプレートイメージが用意されているので、黒いコンソール画面で難しい操作をしなくてもすぐにマルチプレイを始められます。

なんとFactorioマルチサーバーのテンプレートが用意されているので初心者の方でも簡単にサーバーを立てることができます!

「 ConoHa VPS」は料金面でもお得になっています。

VPS割引きっぷならConoHa VPS通常料金よりも最大23%お得です。

購入したきっぷは、既に通常料金でご利用中のConoHa VPSにも適用できます。

Factorioで友達と遊びたいという方は是非「 ConoHa VPS」を利用してみてはいかがでしょうか!?

\最大23%お得になるVPS割引きっぷあり/

メモリ使用量の目安

サーバーをはじめ、パソコン上の全てのソフトウェアはメモリを使用して動いています。

メモリは共有して使用されているため、各ソフトウェアに使用できるメモリ量が定められています。

これをメモリ割り当てと言います。

メモリを沢山使用できると、ソフトウェアは高速な処理を行うことが可能になります。

つまり、適切なメモリ割り当てを行う事によって、サーバーをより快適に動作させることができます。

メモリが不足するとサーバーの動作が不安定になります。

そして、サーバーの処理が追いつかなくなり、サーバーが落ちる可能性があります。

そのため、プレイヤー数に応じたメモリ使用量を割り振りする必要があります。

そこでどのくらいのプレイヤー数でどのくらいのメモリを使用するのかみていきましょう!

以下のような感じでメモリを選択してもらえば問題ないかと思います。

プレイヤー数に応じたメモリ使用量!
プレイヤー数 メモリ
4人以下 2GB
5~10人 4GB
11人以上 8GB

\最大23%お得になるVPS割引きっぷあり/

ConoHa VPSを利用したFactorioサーバーの立て方

「 ConoHa VPS」を利用したFactorioサーバーの立て方をみていきましょう。

「 ConoHa VPS」ではFactorioサーバーをインストール済みのテンプレートイメージを提供していますので、初期設定だけで簡単に使い始めることができます。

オススメのVPSなので是非利用してみてはいかがでしょうか!?

\最大23%お得になるVPS割引きっぷあり/

Factorioアプリケーションイメージのインストール手順

まずは「 ConoHa VPS」公式HPにいきましょう!

コントロールパネルへログインし、「サーバー追加」ボタンをクリックします。

イメージタイプ「アプリケーション」から「Factorio」を選択してサーバーを作成します。

512MBプランでのインストールはできません。

Factorioの設定に際してサーバーのIPアドレスが必要になるので、作成したサーバーのIPアドレスを確認します。

コントロールパネル左メニューの「サーバー」を開き、作成したサーバーのネームタグをクリックします。

サーバーの詳細画面の「ネットワーク情報」のIPアドレスを手元に控えます。

Factorioの設定方法

Factorioを起動し「プレイ」を選択します。

「マルチプレイ」ボタンをクリックします。

「サーバーに接続」ボタンをクリックします。

「IPアドレスとポート」には上記で確認したサーバーのIPアドレスを入力します(ポート番号は不要です)。「接続」をクリックしてサーバーに入室します。

※ユーザー名入力画面が表示されることがあります。表示された場合は好きなユーザー名を入力してアカウント登録を行ってください。

サーバーを初めて起動する際に初期ワールドが生成されるため、ワールドはサーバーごとに異なったものになります。

Factorioサーバーの関連ファイルは「/opt/factorio」ディレクトリ内に設置されています。

ゲーミングライフを豊かにするグッズ

ゲーマー向けの便利グッズをご紹介します。

ゲーミングチェア

ゲームに集中していると無意識に姿勢が悪くなるのはゲーマーあるあるだと思います。

健康にゲームを遊ぶためにも、椅子にはぜひこだわってほしいところです。

値段は決して安くはないですが、プロゲーマーが参加するeスポーツ大会で採用されているモデルだけに、その性能はお墨付き。人間工学に基づいた設計によって身体にかかる負担を軽減してくれます。

ワイヤレスヘッドセット

よりいい音質でゲーム音を楽しみたい、友だちと通話しながらプレイしたい、家族や隣人への配慮のためなど、ヘッドセットは必需品です。

ワイヤレスマウス

ヘッドセットといっしょにマウスやキーボードもワイヤレス化すれば、PC周りがすっきりします。

ロジクールGはいち早くゲーミングマウスのワイヤレス化に注力したメーカーで使いやすいです。

買いやすい価格なので、ワイヤレス入門機としてもばっちりです。

ワイヤレスキーボード

キーボードは場所を取るので、ちょっとしたときにどかせないと意外とストレスになります。

ワイヤレスに慣れたら有線には戻れないかもしれません。

ゲーミングモニター

ゲーミングモニターを使用してのゲームは驚くほど世界が違います。

是非ゲーミングモニターを利用してみてはいかがでしょうか!?

ゲーミングメガネ

ゲームをしていると眼精疲労の原因になります。

ゲーミングメガネはブルーライトをカットしてくれるので眼精疲労を和らげてくれます。

まとめ

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

「 ConoHa VPS」はサーバー初心者の方でも簡単に構築できるテンプレートが用意されているのでとてもオススメのサービスです。

Factorioで遊びたい方は是非「 ConoHa VPS」を利用してみてはいかがでしょうか!?

\最大23%お得になるVPS割引きっぷあり/