[無料期間アリ] Pythonが利用できるおすすめのレンタルサーバー/VPSを比較!

ロボット1
Pythonが利用できるおすすめのレンタルサーバー/VPSを知りたいな!
ロボット2
オススメのレンタルサーバー/VPSを紹介するね!

Pythonは注目を集めている人気プログラミング言語です。

シンプルながら汎用性が高く、多くのエンジニアに支持されており、人工知能を始めとした様々な分野で使われています。

今後確実にAIの需要はより伸びてくるので、Pythonの価値はとても高いです。

そんなことからPythonで構築されたアプリが作られることが多いです。

Pythonのアプリを公開したいなと思っている方はいないでしょうか!?

しかし、どのサーバーを使えばいいのかよく分からないですよね。

実際にサーバー選びに悩まれているのをよく耳にします。

サーバーによってはデプロイする方法も違いますし、サーバーの特徴もそれぞれです。

そこでこの記事ではPythonが利用できるおすすめのレンタルサーバー/VPSをご紹介していきます。

気になる方は是非最後まで読んで頂ければと思います。

Pythonとは!?

Pythonとは1991年にオランダ人のグイド・ヴァンロッサムというプログラマーによって開発され、オープンソースで運営されているプログラミング言語です。

Pythonの用途は様々で、組み込み開発や、Webアプリケーション、デスクトップアプリケーション、さらには人工知能開発、ビッグデータ解析などと多岐に渡ります。

Pythonのプログラミング言語としての主な特徴は、少ないコードで簡潔にプログラムを書けること、専門的なライブラリが豊富にあることなどが挙げられます。

そもそもPythonは、コードを書きやすく読みやすくするために生まれたプログラミン言語のため、だれが書いても同じようなコードになるようになっています。

Pythonは開発に役立つプログラムをまとめたものである「ライブラリ」の数が、数万に上ります。

こうした既存のライブラリを有効に活用することで、自分の作りたいプログラムを作成することが容易にできるのです。

サーバーの種類と特徴

Pythonで作ったアプリを公開するサーバーの種類としてPaaS、VPS、IaaS、レンタルサーバーの4パターンが存在します。

それぞれどのようなものか確認していきましょう!

PaaS

PaaSは「Platform as a Service」の頭文字を取った略語で「パース」と読みます。

サーバーやOSなど、システムを構築するためのプラットフォームを利用できるクラウドサービスです。

プログラムの開発や実行を行う環境も提供しており、企業で利用する基幹システムを設計することが出来ます。

自由度は高いですが、使いこなすにはプログラミング言語や開発ツールの知識が必要です。

主なPaaS型サービスとしてAmazon Web Services、Google Cloud Platform、Microsoft Azureがあげられます。

VPS

VPSは「Virtual Private Server」の頭文字を取った略語で「ブイピーエス」と読みます。

VPSでは、物理サーバーにインストールされているOS(ホストOS)の上に、ユーザーそれぞれに仮想サーバーが割り当てられ、ユーザーはその仮想サーバーを専有して使えます。

仮想サーバーにはホストOSとは別のOS(ゲストOS)がインストールされており、ユーザーが管理者権限を持って自由に操作することができます。

主なVPS型サービスとして「さくらのVPS」、「 ConoHa VPS」、「KAGOYA CLOUD」があげられます。

IaaS

IaaSは「Infrastructure as a Service」の頭文字を取った略語で「イァース」と読みます。

従来は機器を設置して構築していたサーバーやストレージといったインフラを利用できるサービスです。

基幹システムを一から設計できる非常の自由度の高いサービスですが、その分求められる専門知識のレベルも高いので注意しましょう。

主なIaaS型サービスとしてHeroku、「ロリポップ!マネージドクラウド」があげられます。

レンタルサーバー

レンタルサーバーを一言で表すと、サイトやブログの情報を配信する「サーバー」を「レンタルする(借りる)」ことができるサービスです。

自力でサーバー運営する場合、コンピュータを用意して、初期設定や保守管理、セキュリティ対策など専門知識が必要ですが、レンタルサーバーではこのような作業をサービスの運営会社がやってくれます。

主なレンタルサーバーサービスとして「ロリポップ!レンタルサーバー」、「エックスサーバー」、「さくらのレンタルサーバ」があげられます。

Pythonが利用できるおすすめのVPS

Pythonが利用できるおすすめのVPSをご紹介します。

これからご紹介するVPSはそれぞれ良い点があるので自分たちに合うサービスを見つけることができたら幸いです!

  • ConoHa VPS:初期費用0円、月530円から利用できる。VPS割引きっぷあり。テンプレートイメージあり。
  • さくらのVPS:初期費用0円、月額643円(税込)から利用できる。2週間お試し期間あり。
  • KAGOYA CLOUD:初期費用0円、日額料金20円から利用できる。

ConoHa VPS

ConoHa VPS

・すぐに使えるVPS
・初期費用は無料
・直感的に使えるコントロールパネル
・種類豊富なテンプレート
・KUSANAGIかんたん導入
・ゲームのマルチプレイがすぐに楽しめる
・SSD標準、超高速VPS
・迅速なスケール
・スマホアプリでよりかんたんに

初期費用

0円

月額費用

542円~

容量

512MB

ConoHa VPSは初期費用なし、ひと月542円から使用できます。

豊富なテンプレートイメージと高速SSDによって、たったの25秒で「今すぐ使える」サーバーが作れます。

「 ConoHa VPS」は初期費用なし、月額530円から使用できます。

3ステップでかんたんにはじめられます

誰でも簡単にマルチサーバーを立てられるテンプレートイメージが用意されているので、黒いコンソール画面で難しい操作をしなくてもすぐにマルチプレイを始められます。

「 ConoHa VPS」は、日本マーケティングリサーチ機構による調査で「ITエンジニアが使いたいVPS」「WordPress「KUSANAGI」利用者満足度」「Minecraftマルチプレイ利用者満足度」の3部門においてNo.1を獲得しています。

料金タイプは2種類用意されており、最低利用期間なし、いつでも気軽に始められる通常料金と、3か月以上の利用でおトクなVPS割引きっぷが用意されています。

VPS割引きっぷを利用することでお得にサーバーを契約することができ、ConoHa VPS通常料金よりも最大23%OFFです。

購入したきっぷは、既に通常料金でご利用中のConoHa VPSにも適用できます。

お得にVPSを契約したいという方は是非「 ConoHa VPS」を検討してみてはいかがでしょうか!?

\最大23%お得になるVPS割引きっぷあり/

さくらのVPS

さくらのVPS

・コントロールパネル
・ローカルネットワーク
・OSラインアップ
・スタートアップスクリプト
・パケットフィルタ機能
・豊富なSSDプラン
・安心な運用体制
・ハイブリッド接続
・スケールアップ
・追加ストレージ(NFS)

初期費用

0円

月額費用

643円~

容量

512MB

シンプルなコントロールパネルやスタートアップスクリプト、パケットフィルタ機能ではじめてサーバーを扱う初心者も安心。

サーバーのスペックはご利用規模に合わせていつでも拡張可能。

学習用途からビジネスまで、幅広いシーンでご利用いただけます。

さくらのVPS」はさくらインターネット株式会社が提供するVPSのサービスです。

シンプルなコントロールパネルやスタートアップスクリプト、パケットフィルタ機能ではじめてサーバーを扱う初心者も安心です。

サーバーのスペックはご利用規模に合わせていつでも拡張することができます。

用途は学習からビジネスまで、幅広いシーンで利用できます。

512MBプランであれば初期費用0円、月額643円(税込)から利用できます。

サーバーのスペックが足りなくなった時に、コントロールパネルからいつでも簡単に上位プランに変更可能です。

今なら2週間無料お試し期間があるので自分に合うサーバーかどうか確認することができます。

コスパのいいVPSを契約したいという方は是非「さくらのVPS」を検討してみてはいかがでしょうか!?

\2週間の無料お試し期間あり/

KAGOYA CLOUD VPS

KAGOYA CLOUD VPS

・スペック変更(スケールアップ)が簡単
・複数のサーバーでローカルネットワークが構成できる
・ストレージは全てSSD搭載!高速処理で快適
・便利なOSテンプレートパッケージ
・様々な用途に対応できる機能が充実
・自社データセンターの高速回線
・操作性抜群のコントロールパネル
・充実したサポート体制

初期費用

0円

月額費用

550円~

容量

1GB~

ビジネス用途でも選ばれています!電話サポート付で安心!

初期費用無料、月額 550円(日額 20円)~の低価格。

KAGOYA CLOUD」は初期費用無料、日額料金20円から使える低価格・高品質のVPS(仮想専用サーバー)です。

開発環境や検証環境、プログラミングの学習用途におすすめです。

もちろん Windowsも選択できるので幅広く利用することができます。

新プランは、従来プランの価格は据え置きのまま、スペックを強化されています。

Linux OSの月額660円プランの場合で、従来プランのCPU 1コア・メモリ1GB・ストレージ20GBから、新プランではCPU 2コア・メモリ2GB・ストレージ25GBとなるなど、各プランのスペックを向上しました。

Windows Serverプランについても、月額1045円プランの場合で、従来プランのCPU 1コア、メモリ1GB・ストレージ35GBから、新プランではCPU 2コア・メモリ2GB・ストレージ40GBとなるなど、各プランのスペックを向上しています。

スペックのいいVPSを契約したいという方は是非「KAGOYA CLOUD」を検討してみてはいかがでしょうか!?

\初期費用無料、日額料金20円から使える低価格・高品質のVPS/

Pythonが利用できるおすすめのマネージドクラウド

Pythonが利用できるおすすめのマネージドクラウドをご紹介します。

ロリポップ!マネージドクラウド

ロリポップ!マネージドクラウド

・Webアプリ・サイトをすぐに作れる
・アクセス急増にも柔軟に対応
・安心の料金システム
・環境構築が簡単だから、すぐに始められます
・上限を決められる、安心の料金システム

初期費用

0円~

月額費用

1078円~

容量

500MB

ロリポップ!マネージドクラウドは、WebアプリケーションやWebサイトを「楽」に運営するためのサーバーサービスです。

保守・メンテナンスなどサーバー運用のための専門知識や人材確保は必要ありません。

インフラを気にすることなく、Webサービス開発やビジネスに集中することができます。

ロリポップ!マネージドクラウド」はWebアプリケーションやWebサイトを「楽」に運営するためのサービスです。

環境構築がワンボタン簡単だから、すぐに始められます。

サインアップからプロジェクト作成まではたったの3ステップでテンプレート機能を使って、様々な言語やアプリケーション環境をワンボタンで構築できます。

また、アクセスが多い時はしっかり支えて、少ない時には低価格で運用します。

ひと月のコンテナ起動回数が基本料金分を超えると、一回の起動につき2.2円の従量課金が発生する形になっています。

今なら10日間無料お試し期間があるので自分に合うサーバーかどうか確認することができます。

コスパのいいVPSを契約したいという方は是非「ロリポップ!マネージドクラウド」を検討してみてはいかがでしょうか!?

Pythonが利用できるおすすめのレンタルサーバー

Pythonが利用できるおすすめのレンタルサーバーをご紹介します。

これからご紹介するレンタルサーバーはそれぞれ良い点があるので自分たちに合うサービスを見つけることができたら幸いです!

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ! レンタルサーバー

・やりたいことがすぐできる
・常に安定したレスポンス
・アクセス集中時の表示スピード向上・安定
・必要な機能がすべてある
・困ったときはすぐ解決

初期費用

0円~(キャンペーン中)

月額費用

110円~

容量

20GB~

ホームページ運営なら、ずっと使えるレンタルサーバー「ロリポップ!」。

簡単、無料SSL、充実サポート、高速性能で、初心者から商用サイトまで安心してご利用いただけます。

ロリポップ!レンタルサーバー」は簡単、無料SSL、充実サポート、高速性能で、初心者から商用サイトまで安心して利用できます。

様々な選択肢のあるレンタルサーバー選びですが、ロリポップは料金重視の方へおすすめのサービスです。

ロリポップはなんといっても幅広い価格帯に応じた豊富なプランが魅力的です。

WordPressが利用できる「ライト」プランを選択すれば、最安220円(税込)からブログ・WEBサイトの運用をすることも可能となります。

最安プランから始めて、必要に合わせて徐々にグレードアップするといった利用方法にも対応可能です。

他にもサポート体制が充実しているというメリットがあります。

メール・チャット・電話・マニュアル・FAQ・学習系のコンテンツも充実しています。

10日間無料お試し期間もあるので是非「ロリポップ!レンタルサーバー」を利用してみてはいかがでしょうか!?

エックスサーバー

エックスサーバー
5

・18年以上積み重ねた豊富なノウハウと確かな技術力
・セキュリティ完備の国内データセンターで24時間サーバーを監視
・大量アクセスにも強い「nginx」採用
・圧倒的なサーバースペック!48コア&大容量512GBメモリ
・高速な処理性能と、高い耐障害性を兼備「オールNVMe」RAID10構成
・データを誤って削除しても安心「自動バックアップ」機能
・初心者の方も安心!24時間365日サポート

初期費用

3,300円

月額費用

990円~(スタンダードプラン)

容量

500GB

エックスサーバーは、長年培ったノウハウによって実現した国内最速のサーバー環境をお手頃な料金で提供するレンタルサーバーです。

エックスサーバー」は大容量300GB、月額990円(税込)からご利用可能な、高速・高機能・高安定性を兼ね備えたレンタルサーバーサービスです。

運用サイト数は200万を超えていて、国内シェアNo.1のレンタルサーバーとなっています。

エックスサーバーでは1台あたり1千万円を超える最新の商用サーバー機器を採用し、世界最速クラスと評される人気の高速環境「KUSANAGI」の技術を導入しています。

圧倒的サーバー性能で大量アクセスを高速に処理するとともに、他ユーザーの影響を受けないリソース保証機能により、いつでも安定的な速度環境を提供しています。

多機能、表示の高速化、落ちない、簡単管理画面、データのバックアップ、セキュリティ、サポート、料金、総合的にバランスのとれたレンタルサーバーで、個人利用にもビジネスにもおすすめです。

10日間無料お試し期間もあるので是非「エックスサーバー」を利用してみてはいかがでしょうか!?

\10日間無料体験あり/

さくらのレンタルサーバ

さくらのレンタルサーバ

・サーバーも運営会社も安心・安定です
・継続したサービスのアップデート
・プランが豊富
・シンプルなメール専用プランも人気

初期費用

1048円~

月額費用

131円~

容量

10GB~

高速、安定サーバならさくらのレンタルサーバ。

PHP7モジュールモードでWordPress高速化。

無料SSL、Webフォント、バックアップ機能などWebサイト制作に便利な機能が充実。

さくらのレンタルサーバ」はWordPress、モリサワ提供のWebフォントが使えるご利用件数45万突破の人気サーバーサービスです。

東証一部上場のさくらインターネット株式会社が運営するレンタルサーバーサービスです。

サーバー高速化対応やWordPressを簡単にインストール出来る機能、無料SSLの提供など、近年のホームページ制作に必要かつ便利になるような機能アップデートも行っています。

様々な選択肢のあるレンタルサーバー選びですが、さくらのレンタルサーバは手軽に使えるプランから高機能なプランまで揃っています。

趣味のホームページであればWordPressが使えるスタンダードプランを軸に比較いただくと良いかと思います。

WordPressが不要でしたり、アクセス数が少なめと予想される場合、費用を抑えたい場合はライトプランもご検討下さい。

逆にアクセス数が多いと予想される場合はプレミアムプランもおすすめです。

また小規模な企業サイトでも十分にご利用いただけますが、その場合はスタンダードプラン以上がおすすめです。

2週間無料お試し期間もあるので是非「さくらのレンタルサーバ」を利用してみてはいかがでしょうか!?

\2週間無料お試し期間あり/

まとめ

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

node.jsでつくったWebアプリをデプロイしたい方は是非「 ConoHa VPS」、「さくらのVPS」、「KAGOYA CLOUD」、「ロリポップ!マネージドクラウド」、「ロリポップ!レンタルサーバー」、「エックスサーバー」、「さくらのレンタルサーバ」を利用してみてはいかがでしょうか!?